転職エージェントおすすめ一覧

転職エージェントおすすめ一覧

転職サイトおすすめ一覧

















●ココウェルのココナッツオイル エクストラバージン 360g (食用でもお肌でも髪、顔、オイルプディングなどにも)
●プレミアムココナッツオイル 460g(無臭の料理用ココナッツオイル)

※商品とカードをオリジナルギフトボックスに入れて、包装紙に包んでお送りいたします。
※母の日5月9日(日)お届けの場合は、5月7日(金)の12時注文受付分までとなりますので、ご了承ください。
※お届け先が沖縄・離島の方は交通事情により遅延の可能性もございますので、予めご了承ください。


★ココナッツオイル エキストラバージン

☆有機JAS取得☆


すべて無農薬のココナッツを使用し、有機認証JAS、
USDAオーガニック、ECOCERTの有機認証を取得しています。


☆中鎖脂肪酸が約65%☆


代謝が早くエネルギーになりやすい中鎖脂肪酸を
約65%含んでいます。


☆最新の低温エクスペラー法を採用☆


遠心分離法と異なり、オイルと水が接する時間を
短くすることにより、劣化しにくいオイルになりました。
ほんのり香ばしいココナッツの甘い香りが特長です。




    低温圧搾(コールドプレス)法で抽出した100%無添加のエキストラバージンオイル。
    ココウェルのエクスペラーは低温圧搾で搾り出したオイルで、
    大量生産には不向きでコストも高くなりますが、
    栄養素がそのまま残り、溶剤等を使わず自然のままの無添加なので、
    安心してお使いいただけます。
    ココナッツオイルは酸化安定性が高いので長期保存にも問題ありません。

エキストラバージンココナッツオイルは普段の炒め物や揚げ物、
またバター、マーガリンの代替としてご利用いただけます。

洋食から中華・和食まで幅広くお使いいただけます。
パンケーキやデザートなど、甘いココナッツの風味を活かした使い方も広がります。
ちょっとした隠し味にお使いいただくと、新たな発見が見つかるかもしれません。


★ココナッツオイル エキストラバージン
最新の低温エクスペラー法を採用
遠心分離法と異なり、オイルと水が接する時間を短く
することにより劣化しにくいオイルになりました。
ほんのり香ばしいココナッツの甘い香りが特徴です。
代謝が早くエネルギーになりやすい中鎖脂肪酸を約65%含んでいます。
また、トランス脂肪酸も全く含みません。

そのままお召し上がりもできますし、
ココナッツ特有の甘い香りがしますのでバターや
マーガリンの代わりにも使用できます。
低温で固形化する為、低温料理には不向きです。

外装:瓶 キャップ:スチール ラベル:紙

ご使用上の注意事項:水や異物が混入するとカビ等の原因となりますのでご注意ください。

ローフードとは

    ローフード(raw food)とは、生の野菜や果物、海草などの食材をできるだけ生に近い状態で食べる食事法で、美容や健康を目的としています。

    食物は過熱すると酵素やビタミン、ミネラルといった栄養素が失われてしまいがちです。
    加熱せずに生で食べることによって栄養素を効率よく摂取することができ、また免疫力の向上や、ダイエット効果などが期待でき、常習的な体の不調も解消されると言われています。

    ローフードを実践する人々の間で、バージンココナッツオイルが愛用されています。



ココナッツオイルは90%以上が飽和脂肪酸です

    ココナッツオイルは飽和脂肪酸が多いため酸化安定性が高く、熱を加えても劣化がほとんどない体にやさしいオイルです。
    また、中鎖脂肪酸の割合が高いため体内で燃焼しやすく、脂肪として体に溜まりにくい燃焼系ダイエットオイルとしても注目されています。

    油脂の成分は「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分けれれます。飽和脂肪酸は分子構造が安定しているため、酸化に強く劣化が起こりにくという特徴があります。

    ココナッツオイルは、植物油の中で最も高い90%以上が飽和脂肪酸なので、非常に安定した劣化しにくいオイルなのです。
ほとんどの植物油や魚の油は不飽和脂肪酸が大部分ですが、ヤシ油(ココナッツオイル)は90%以上が飽和脂肪酸なのが上の図からわかります。

そもそも飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸って何?

    ローフード(raw food)とは、生の野菜や果物、海草などの食材をできるだけ生に近い状態で食べる食事法で、美容や健康を目的としています。

    脂肪酸は炭素原子が鎖のように繋がっており、その「炭素の数」や「つながり方」によって脂肪酸の性質が異なってきます。
    炭素の数の多さで分類されるのが「短鎖脂肪酸・中鎖脂肪酸・長鎖脂肪酸」という分類です。それに対して「つながり方(二重結合があるか無いか)」によって分けられるのが「飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸」という分類です。

    下の図は、ココナッツオイルに45%~50%含まれるラウリン酸、オリーブオイルに70%~80%含まれるオレイン酸、大豆油やコーン油に50%以上含まれるリノール酸の分子構造です。
この二重結合があるのが不飽和脂肪酸で、二重結合が1つのものを一価不飽和脂肪酸、2つ以上あるものを多価不飽和脂肪酸と呼びます。
二重結合が1つもないものが飽和脂肪酸です。

不飽和脂肪酸に見られる二重結合の結びつきは非常に不安定なので、酸素がその繋がりを外し、炭素と結びついてしまいます。
これが脂肪の酸化です。オイルが変質して腐ってしまうのもこの酸化が原因です。

このように不飽和脂肪酸は酸化しやすいという弱点があります。

燃焼系の中鎖脂肪酸

    エキストラバージンココナッツオイルには天然の中鎖脂肪酸がたっぷり含まれています。

    中鎖脂肪酸は体内で燃焼しやすく、消化吸収が早いので脂肪になりにくい優れた脂肪酸で、すでについた脂肪への燃焼系ダイエットオイルとして注目されています。

飽和脂肪酸と中鎖脂肪酸の関係は?

    オイルを構成する脂肪酸には「短鎖脂肪酸・中鎖脂肪酸・長鎖脂肪酸」や「飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸」という分類があり、非常に複雑ですが、関係は以下のようになります。
短鎖・中鎖の脂肪酸はすべて飽和脂肪酸に属し、長鎖脂肪酸は飽和と不飽和に分けられることがわかります。

コレステロール0 トランス脂肪酸0

    エキストラバージンココナッツオイルには、動物性脂肪に多く含まれ、摂り過ぎると動脈硬化の原因とされるコレステロールを全く含みません。
    また、血中の悪玉コレステロールを上昇させ、同じく動脈硬化や心臓疾患の等のリスクがあると言われるトランス脂肪酸(TFA)も全く含んでいません。

    トランス脂肪酸は、水素添加された硬化油や精製植物油、加工油脂などで発生します。
    デンマークでは2004年に工業用トランス脂肪酸を脂肪の2%以内にする法律を施行したり、アメリカ・カナダでも表示義務が課され、カリフォルニア州では飲食店などでトランス脂肪酸(TFA)を全面規制する州法が成立するなど、世界で規制の動きが広がっています。

    日本でも、2011年になり消費者庁からトランス脂肪酸の含有量表示に関するガイドラインが発表され、セブン&アイグループがトランス脂肪酸を使った製品を排除すると発表するなど、トランス脂肪酸の摂取を抑制する動きが起こっています。
当ショップでは ココウェル ココナッツオイル ココナッツオイルエクストラバージン ココナッツオイルエキストラバージン 360g ココナッツ レシピ ダイエット 中鎖脂肪酸 オーガニック ローフード おすすめ 無添加 無漂白 保存料なし 無香料 ローフード アルツハイマー スキンケア MCT ケトン体 糖質制限 認知症予防 日焼け 有機認証取得 有機JAS ラウリン酸 ウィルス対策 抗菌作用 抗炎症作用 免疫力 中鎖脂肪酸 美容 健康 保湿 お薦め 顔 フェイスケア ヘアケア 髪 オイルプディング 動物性原料不使用 アレルゲンフリー 料理 クッキングオイル お家でご飯 低温エクスペラー法 オススメ 母の日ギフト オイルプリング プリング ココナッツオイルエクスペラー 無臭ココナッツオイル プレゼント 母の日 プレゼント 贈り物 母の月 にもいかがでしょうか!様々な商品を取り扱っております。